インターネット証券の取扱金融商品

楽天証券

インターネット証券で取引する事が出来る金融商品について。

株式取引をするにあたって最も重要なことは、自分なりの投資スタイルを確立させることだといわれています。
つまり、「どの株を、どれだけの量保有して、それくらいの頻度で売買していくのか」といった指針をきちんと計画立ててから始めることで、より利益を生み出しやすくなるということです。
また、株以外に購入する商品についても、考えることが必要かもしれません。

 

インターネット証券では、さまざまな種類の取扱金融商品が取りそろえられています。
それには、新規公開株であるIPOや投資信託、FXや国債、米国株や中国株などが挙げられます。
それぞれの商品には特徴があり、またリスクやリターンの高低もさまざまです。

 

したがって今現在は現物取引しかしていないという人でも、将来的にほかの取引をしてみたいと考えている場合には、最初から取扱金融商品の多い証券会社のインターネット証券を選んでおくのがいいかもしれません。

 

たとえば具体的には、SBI証券などでは、FXのようなメジャーな商品だけではなく、ETNやS株などのマイナー商品も幅広く取り扱っているため、実際に取引を行なわなかったとしても、知らない商品を新たに発見できるといった知識を深めることもできます。
また楽天証券では、国内外のさまざまな取扱金融商品があり、とくに中国株が豊富となっています。

 

もちろん、取扱金融商品の数が、そのままそのインターネット証券の良し悪しにつながるとは一概にはいえませんが、すでに投資したいと思える取扱金融商品を決めている場合には、それを取り扱っている証券会社を探してみるなど、自分がインターネット証券を利用するときの判断条件となるでしょう。

 

インターネット証券のいいところは、その場でネットを利用して、商品や企業について調べることができる点でもあります。
ですので、そういったツールを的確に利用し、自分の投資スタイルの沿った商品を見つけ出していくのがいいでしょう。

インターネット証券の取扱金融商品記事一覧

インターネット証券で投資信託

インターネット証券では、さまざまな金融商品を取り扱っていますが、そのなかでも有名なのが投資信託です。投資信託とは、不特定多数の投資家が販売会社などを通じて出資をし、そうしてプールされた資金を、資産運用の専門家に託すことで、その運用成果を投資家に分配するという仕組みの金融商品となっています。銀行や郵便...

≫続きを読む

 

インターネット証券でFX

インターネット証券では、店頭窓口に出向くことなく株式取引を行うことができるという時間効率の良さも、特徴の1つとなっています。また FXのように24時間常にフル稼働している商品を取り扱うには、インターネット証券はまさに格好なものだといえるでしょう。FXとは、日本においては「外国為替保証金取引」と呼ばれ...

≫続きを読む

 

インターネット証券でIPO株

数多くのインターネット証券で取り扱われている商品のなかでも、近年人気となっているのがIPO株と呼ばれているものです。IPO株の「IPO」とは、「Initial Public Offering」の略語で、新規公開株売出のことを指します。これは、株式会社がこれまでその会社のオーナーなどの少人数で保有して...

≫続きを読む

 

インターネット証券でカバーワラント

インターネット証券では、株式のほかにもさまざまな金融商品を取り扱っています。その1つが、カバーワラントと呼ばれるもので、これは株そのものの売買ではなく、株の売買の権利自体を取引することをいいます。つまり、一定の期間内にあらかじめ設定された価格で売買をする、コールと呼ばれる「買う権利」や、プットと呼ば...

≫続きを読む

 

インターネット証券でミニ株

インターネット証券が広く利用されることによって、これまでよりも時間的にも金銭的にも株式売買がしやすくなったといえます。それに伴い、これまで株式売買とは無縁だった、主婦や学生といった顧客層が新たに広がったともいえるでしょう。そういった株式売買の初心者でも取引しやすいのが、ミニ株と呼ばれているものです。...

≫続きを読む

 

インターネット証券で中国株

日本のインターネット証券を通じて株式売買できるものは、日本株だけとは限りません。外国株式についても、証券会社によっては同じように取引をすることが可能になっている場合が、多くなっています。外国株式のなかで代表的なものを表すのに、「BRICs(ブリックス)」というものがあります。これは、現在経済成長が著...

≫続きを読む

 

インターネット証券で米国株

世界最大級の経済大国であり、市場規模もケタ違いとなっているアメリカですが、日本国内のインターネット証券を通すことで、ほかの外国株式と同じように取引を行うことが可能となっています。しかしながら外国株式は、日本国内の株式取引とその仕様が若干異なりますので、よく理解をした上で取引をはじめていくのがいいでし...

≫続きを読む

 

インターネット証券で個人向け国債

個人向け国債とは、日本国が発行している債券を、個人投資家に向けて買いやすくしたもののことです。日本国債と同じく、国が発行しているため、数ある債券のなかでも、最もリスクを抑えることができる投資先だといわれています。個人向け国債は、証券会社や銀行、郵便局などを通すことで、金融市場から購入することができま...

≫続きを読む

 

インターネット証券で債券取引

債券とは、特定の満期時に債券の額面を償還し、さらに一定の期間ごとに金利を支払われることを、政府や企業が保障する証券のことをさします。原則的には1度購入したものの解約を投資家側から申し出ることはできませんが、証券市場においては随時売買が可能となっているため、換金のしやすさは比較的保たれているといえるで...

≫続きを読む

 

インターネット証券で信用取引

信用取引とは、株式を購入するための資金を、証券会社より借り入れて売買を行なっていく投資方法の1つです。自分が持っている資産以上の金額を用いて株式売買をしていけることから、元手の資産が少ない人でも、1度の大きな利益を上げることができます。その分、リスクも当然大きくなってきますので、ある程度投資の経験を...

≫続きを読む

 

インターネット証券で日経先物

日経先物とは、東証1部に上場している銘柄の中の、225社における指数に投資をすることを指します。同じ意味の言葉として、日経平均先物や日経225先物、日経平均株価先物取引や日経225先物(ラージ取引)があります。先物取引とは、特定の商品を将来の決められた期日に、現時点で取り決めた価格で取引をすることで...

≫続きを読む

 

インターネット証券で夜間取引

日本の株式市場では、午前9時から午前11時30分までを前場、午後12時30分から午後3時までを後場としており、それぞれの時間内にのみ証券取引所を通して株式の売買をすることができます。しかしながら、コンピュータ・ネットワーク技術が発展したことによって、通常株式市場が開いていない時間帯においても、インタ...

≫続きを読む

 

オススメの証券会社

GMOクリック証券

GMOクリック証券

ここ数年で急速に口座数を拡大しているのが、GMOクリック証券となります。GMO証券→クリック証券→GMOクリック証券と何度も名称を変更をしていたのですが、今はGMOクリック証券に落ち着いています。大手証券会社となるSBI証券や楽天証券と比較をすると、投資信託を扱っていない。と言う最大の弱みがありますが、株式投資を検討していて、投資信託は考えていない。と言う人には、問題無いと言えると思います。何よりも手数料については、業界内でもトップクラスと安さとなっていて、扱っている金融商品の手数料はどれも、業界トップクラスの水準の安さとなっています。株式取引や信用取引を行う事を検討している人にはオススメ出来る一社となっています。
GMOクリック証券 GMOクリック証券
SBI証券

SBI証券

インターネット専業証券会社の中で、口座数ではNo.1となっているのがSBI証券となります。インターネット専業証券会社としての歴史も業界の中では最も長い会社の一つとなっています。株式取引を始め、各種金融商品の取引も行える、幅広い取扱い商品も魅力の一つですが、手数料と言う面でも、全ての金融商品において、業界最高水準の安さとなっているのが、特長となっています。金融商品の取引をこれから始めてみたい。と考えている初心者の人に特にオススメの会社となっています。ヤフーポイントのサービスを中心に、口座開設キャンペーンも適宜行われています。
SBI証券 SBI証券
安藤証券

安藤証券

安藤証券が提供をしている『美らネット24』はインターネットでの金融商品が取引可能なサービスとなっています。国内の株式・投資信託・先物取引・オプション取引を始め、海外の証券先物取引にも対応をしています。取扱い商品の幅で言えば、恐らくは一般的な証券会社と比較をしても、引けを取る事はないと思います。投資信託の分野では『カレラアセットマネジメント』と言うユニークなファンドの取扱いも始めて居ます。個人向け国債についても、取扱いをしている会社となりますので、こうした金融商品に対して興味を持っている人にも向いている会社となっています。
安藤証券 安藤証券
カブドットコム証券

カブドットコム証券

インターネット専業の証券会社となっていて、大手の部類となるのがカブドットコム証券となります。知名度の高い証券会社となっているので、すでにご存じの人も多いと思います。取り扱っている商品の幅も非常に広くなっているのですが、初心者向けのサービスが充実している点も、投資初心者の人には嬉しいポイントになると思います。具体的にはワンコイン積立と呼ばれているサービスがあり、単元未満株取引や投資信託をワンコインから積立投資と始める事が出来る点になります。『投資』と言う言葉に怖さを感じている人でも、これ位の金額であれば、敷居の低さを感じる事が出来ると思います。
カブドットコム証券 カブドットコム証券
楽天証券

楽天証券

SBI証券に匹敵するレベルのインターネット専業証券会社と言えば、楽天証券になります。名前の通り、楽天グループの証券会社となります。こちらもSBI証券と同じ様に、キャンペーンなどでは楽天市場で使えるポイントが貰えたりする事がありますし、楽天銀行との連動性も持っているので、楽天銀行を保有している人にとっては、始めやすい証券会社となります。取り扱っている金融商品に関しても、SBI証券と同程度の品ぞろえとなっているのに加えて、取引手数料も概ね全ての金融商品が業界最高水準となっているので、初心者の人にも向いている証券会社と言えると思います。
楽天証券 楽天証券

アドセンス広告

サイト内の情報は、掲載当時の物となります。
最終確認については、各公式サイト内にて行って下さい。